• darkblurbg
      耳・鼻・のど・アレルギーでお悩みの方

のどでお悩みの患者さまへ

喉は鼻からの通路と口からの通路が交差したところで、咽頭と喉頭に分かれます。 咽頭は、細菌やウイルスが侵入喉の粘膜とともに防御する免疫系の役割があります。 喉頭の主な役割は発声することです。 このように、喉も日常生活をする中で、大切な役割を持っています。 喉の病気で一般的なものは、咽頭炎です。 咽頭炎には、急性と慢性があり、のど風邪と言われるのは、急性咽頭炎となります。これは、ウイルス感染や細菌感染が主な原因となりますが、鼻炎から発症することもあります。 また、急性咽頭炎が続いて慢性化することもあります。 さらに、鼻炎をおこして鼻水が喉に入り込んだり、タバコ、刺激性のガスなどから起こる場合と、食物によるアレルギーなど、抵抗力が低下している場合にも起こります。 その他にも、急性扁桃炎や、扁桃周囲炎などもあります。 そして、最も注意しなければいけないものとして、咽頭がん、喉頭がんがあります。いずれも40代~60代の男性に発症することが多く見られます。 喉に何らかの違和感を感じた場合は、必ず専門医にご相談して下さい。

鼻でお悩みの患者さまへ

鼻は、呼吸や嗅覚、声の共鳴に関わる大切な器官です。 鼻の病気には、このような機能に何らか異変を及ぼします。また、鼻汁や鼻づまりなどのつらい症状を引き起こすなど、日常生活にも影響を及ぼすことがあります。 鼻の病気として、一般的なものとして、鼻炎があります。鼻炎には、急性的なものと慢性的なものがあります。 突発的にウイルス感染することにより、鼻の粘膜に急性の炎症が起きる病気で、一般的に鼻かぜとも言われています。 その他にも、急性、慢性、副鼻腔炎や、花粉やハウスダスト、ダニなどが原因で起こる、アレルギー性鼻炎、鼻出血や嗅覚障害などがあります。 以上のような症状が見られる方は必ず専門医にご相談して下さい。

耳でお悩みの患者さまへ

耳は、器官の一つで、聴覚を司る主要な感覚器です。 音波を受容し、それを神経に伝える役割を持っています。 耳の病気として、一般的に多いのが、中耳炎です。これも慢性と急性があります。 症状は、耳痛、耳鳴り、耳閉感、発熱、難聴などがあります。慢性中耳炎になると、鼓膜穿孔、耳だれ、難聴などが長く続きます。しかし、発熱や痛みはありません。 その他、最近、成人に増えてきた、メンエール病があります。この原因は、まだ不明ですが、多くはストレスや過労が誘因になるとも言われています。この症状は、周囲のものがぐるぐる回るようなめまい発作が繰り返される病気で、耳鳴りや難聴の他、吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などを伴うことが少なくありません。 この他にも、外耳道炎、びまん性外耳炎、外耳道湿疹、耳真菌症などがあります。 さらに、朝起きたら片方の耳がまったく聞こえないなどの突発発症する突発性難聴。老化に伴う老人性難聴、強烈な音によって起こる騒音性難聴、乳幼児の難聴など様々あります。 以上のようなことが起きたら必ず専門医に相談してください。